北播磨の場所イラスト

北はりま大学

世界に一つだけのミニオカリナ(ペンダント)をつくる

日付 6月25日(日)
時間 13:00〜15:30 (ティータイム付)
教室 やしろ国際学習塾「三草庵」
先生 瀬川芳孝
募集定員 10名
参加費 500円(材料費)
参加対象 小学校高学年以上 ※注意事項参照
申込締切日 6月24日(土) 12:00

  • 持ち物:エプロン、筆記用具(アンケート記入用)
  • 備 考:

    ※5月28日(日)〜6月9日(金)の期間、北はりま大学にて先行申し込みを受け付けます。
    6月10日(土)より、やしろ国際学習塾でも申し込みを受け付けます。

    ※当日、12:45から受付開始します。
    ※授業終了後、15:45からやしろ国際学習塾でオカリナ・ミニ・コンサート(入場無料)が開催されますので、お時間のある方はご参加ください。

授業内容

 

加東市内にあるやしろ国際学習塾は、
演奏会や講演会が開催できる音響設備の整ったホールや会議室、日本庭園に囲まれた茶室などを備えた施設です。
毎月、公演や寄席などのイベントが開催され、文化・芸術と地域住民を結ぶ交流の場として、北播磨地域の中でも積極的に取り組まれている施設ではないでしょうか。

 

6月の授業の会場は、やしろ国際学習塾の茶室「三草庵」で行います。

 

日本庭園のなかに静かにたたずむ茶室。
こんな素敵な場所が北播磨にあるなんて、ぜひ多くの方に知っていただきたいです。

 

 

 

今回の授業では、ミニオカリナを立杭焼の土を使って作成します。

 

出来上がったミニオカリナは、紐を通してペンダントにします。
陶芸歴6年の瀬川先生は、楽器のオカリナや、小さなオカリナペンダント笛を作成されており、その可愛らしいころっとした姿と音色には、癒されること間違いなしです。

 

 

また、当日はやしろ国際学習塾で、茨木智博オカリナワークショップを同時開催しております。
授業終了後、オカリナ・ミニ・コンサートが開催されますので、こちらもぜひご参加ください。

 

 

<行 程>
・木型を使い立杭の土でオカリナの形を作る
・天日で少し乾燥させる
・音を出す歌口と指穴を作る
・音が出るかを確認し、オカリナを成型する
・ペンダント紐を通す輪を作る
・天日で十分乾燥させる
・サンドペーパーで美しく仕上げる
・完成

 

 

※オカリナの形を作成したら授業終了となり、素焼きや色付け、本焼きは先生に託すことになります。
※オカリナの色は、見本(16色)を見ながらお好きな色を先生にオーダーすることになりますので、出来上がりは、1~2ヶ月後になります。何卒ご了承ください。
※出来上がりましたら、ご連絡差し上げますので、やしろ国際学習塾でお受け取りください。
ご希望の方には宅配便にてお送りいたします。(着払いとなります)

 

授業プログラム

12:45 受付開始
13:00 授業開始
14:30 オカリナの成形完了
※オカリナを天日で十分に乾燥させる(その間ティータイム、交流会)
15:00 サンドペーパーで仕上げ
15:20 完成
15:30 アンケート記入、終了

先生について

  • 瀬川芳孝

    丹波市出身。
    平成23年から陶芸を始め、
    誰も作らないものを作りたいという思いから、立杭焼のオカリナ作りを始める。
    現在、西脇市郷土資料館勤務。
    オカリナペンダントは、西脇市の道の駅などで販売中。

教室について

  •  

    やしろ国際学習塾内

    「三草庵」

    兵庫県加東市上三草1175

注意事項

※小学生の方は保護者同伴でお願いします。
※陶芸の土を扱いますので、エプロンをお持ちください。
※作成中に手が汚れます。ネイルなどをされている方は、汚れがつく可能性があります。
※このミニオカリナは、音程が正確に出るものではありません。
楽器としてではなく、ペンダントやオブジェなどの装飾品としてご利用ください。

ガクチョーコラム

  • 2017.06.09

    北はりま大学での先生は、先生を生業としている方ではなくて、普通の街の人です。 でも、その人はスゴい特技を持っていたり、 メチャクチャおもしろい考えを持っていたり、 とんでもない経験者だったりするんです。 6月の授業は、「世界に一つだけのミニオカリナ(ペンダント)をつくる」なんですが、 今回先生をしてくださる瀬川さんは、西脇市郷土資料館に勤務されている方で、 たまたま、「ミニオカリナを作ってる方がい ...